無線機買取 ■大阪市浪速区日本橋4-5-11 営業10時~19時 (TEL06-4397-9733 FAX06-4394-8408)■ オーディオ 買取
お支払方法について クレジットカードで
 お支払可能!





ハムワールドに紹介されました!


ハムワールドに紹介されました!


《出展参加イベント》
全国各地のイベントへ出展!
皆様のお越しをお待ちしております


関東最大級!
「ハムフェア2018」
ハムフェア2018
・開催日時:2018年8月25日・26日(土・日)


《出展終了したイベント》
Thanks for coming!!

関西最大級!
「第23回 関西アマチュア無線フェスティバル」
関西ハムフェア2018
開催日時:2018年7月14日・15日(土・日)
出展しました。


九州最大級!
「第17回西日本ハムフェア」
西日本ハムフェア2018
開催日時:2018年3月4日(日)
出展しました。


新年最初のイベント!
「2018年関西ハムシンポジウム」
2018関西ハムシンポジウム
開催日時:2018年2月04日(日)
出展しました。


関東最大級!
「ハムフェア2017」
ハムフェア2017
開催日時:2017年9月2日・3日(土・日)
出展しました。


関西最大級!
「関西アマチュア無線フェスティバル」
関西アマチュア無線フェスティバル
開催日時:2017年7月15日・16日(土・日)
出展しました。


九州最大級!
「第16回西日本ハムフェア」
西日本ハムフェア2017
開催日時:2017年3月5日(日)
出展しました。


新年最初のイベント!
「2017年関西ハムシンポジウム」
2017関西ハムシンポジウム
開催日時:2017年1月29日(日)
出展しました。


関東最大級!
「ハムフェア2016」
ハムフェア2016
開催日時:2016年8月20日・21日(土・日)
出展しました。


関西最大級!
「第21回関西ハムフェア」
KANHAM2016
開催日時:2016年7月16日・17日(土・日)
出展しました。


九州最大級!
「第15回西日本ハムフェア」
第15回西日本ハムフェア
開催日時:2016年3月6日(日)
出展しました。


和歌山県支部大会!
「支部大会・ハムの集い(和歌山県支部)」
2月7日(日)  「ハムの集い・支部大会」
開催日時:2016年2月7日(日)
出展しました。


新年最初のイベント!
「2016関西ハムシンポジウム」
2016関西ハムシンポジウム
開催日時:2016年1月31日(日)
出展しました。


ハムフェア2015!
「ハムフェア 2015」
開催日時:2015年8月22日・23日
出展しました。


関西最大級!
「第20回 関西ハムフェスティバル」
開催日時:2015年7月18日・19日
出展しました。


九州最大級!
「第14回 西日本ハムフェア」
開催日時:2015年3月8日
出展しました。


ハムフェア2014!
「ハムフェア 2014」
開催日時:2014年8月23日・24日
出展しました。


KANHAM2014!
「第19回 関西アマチュア無線フェスティバル」
開催日時:2014年7月19日・20日
出展しました。


2014年西日本ハムフェア!
「第13回 西日本ハムフェア」
開催日時:2014年3月2日(日)
出展しました。


新年2014年最初のイベント!
「関西ハムシンポジウム 2014」
開催日時:2014年1月19日(日)
出展しました。



ハムフェア2013!
「ハムフェア 2013」
開催日時:2013年8月24日(土)・25日(日)
出展しました。



KANHAM 2013!
「第18回 関西アマチュア無線フェスティバル」
開催日時:2013年7月13日・14日
出展しました。


2013年西日本ハムフェア!
「第12回 西日本ハムフェア」
開催日時:2013年3月3日(日)
出展しました。


2013年最初のイベント!
「関西ハムシンポジウム 2013」
開催日時:2013年1月20日(日)
出展しました。


ハムフェア2012!!
「ハムフェア 2012」
開催日時:2012年8月25日(土)・26日(日)
出展しました。


KANHAM2012
「第17回 関西アマチュア無線フェスティバル」
開催日時:2012年7月14日(土)・15日(日)
出展しました。


「第11回 西日本ハムフェアー」
・開催日時:2012年3月4日(日)
出展しました。

「ハムの集い・和歌山県支部大会」
・開催日時:2012年年2月5日(日)
出展しました。

「2012年 関西ハムシンポジウム」
・開催日時:1月29日(日)9:30~15:00
出展しました。

ハムフェア2011
「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2011」
・開催日時:2011年8月27日(土)・28日(日)
出展しました。


KANHAM2011
「第16回関西アマチュア無線フェスティバル」
開催日時:2011年7月16日(土)・17日(日)
出展しました。


「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2010」

出展しました。

・・・その他、
全国各地のイベントへ出展中!


■出展しています■
九州地区:西日本ハムフェア
関西地区:関西ハムフェア
関東/東京:ハムフェア


■夏・うちわ配布!!■










イベントにて
うちわを配布しました!




ホームWhat's New
What's New
What's New:190
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次のページ»
2016年06月09日
(当店広告掲載誌)
『HAM World Vol.3』電波社  \980  2016年6月10日発売です。
店頭・オンラインショップでも販売中!
販売ページはこちらから!!

◆6月10日金曜日発売
こちらの商品は、発売日以降の発送となります、予めご了承下さい。

商品は大阪・日本橋の店舗にても販売しています。

【新品】
出版社:電波社 
書籍名:HAM WORLD VOL.3 / HAM World Vol.3

■特集1
人気HF無線機グレードアップ大作戦

バンドスコープの大画面化!
PCによる快適コントロール!

■特集2
モービルシャックは僕らの無線基地


■特集3
個性派ハンディ使いこなし術


  ↓↓ 他にも、内容充実! ↓↓
7〜30/50MHz帯移動用広帯域アンテナ
こんなアマチュア無線機が欲しい
リフレクター運用のABC
5.6GHzFPV空撮同行
初代FT-101を復活させる
ライダーのアマチュア無線活用術
                   ・・・など


HAM Worldのバックナンバー発売中!


◆当店の広告掲載一覧は
広告掲載誌 ブログ
←こちらからどうぞ!




2016年06月02日
(当店広告掲載誌)
『Stereo Sound 2016年 夏号 No.199』ステレオサウンド \2,160 2016年6月2日発売です。
季刊ステレオサウンド 2016年夏号(No.199)は2016年6月2日より発売です!


<以下、ステレオサウンドより抜粋>

マッキントッシュの最新プリアンプC52が表紙を飾るステレオサウンド199号は、これまで本誌では一度も実現していなかった「レコード音楽を主役にした特集」をお届けします。ご説明するまでもなく、ここで言う“レコード”とは、アナログレコード、CD、SACD、デジタルファイルなど、さまざまな記録メディアおよびフォーマットで収録された録音作品全般のこと。企画内容については下記「特集1 必聴のオーディオ名盤」の項をご参照ください。創刊50周年直前号となるステレオサウンド199号は、オーディオにとって普遍のテーマのひとつと言える「レコード音楽とオーディオ再生の関係」を見つめ直す一冊です。

特集1 必聴のオーディオ名盤[80選]
巻頭を飾るこの企画は、これまで本誌では一度も実現していなかった「オーディオ名盤」をテーマにした特集です。ここで本誌が言う「オーディオ名盤」とは、音楽ソフトのガイド本などでよくご紹介される一般的な名盤のことではありません。自らが取り組むオーディオ再生との関係において大きな価値や意味を持つ、オーディオ愛好家個人が極めてパーソナルな理由で選定したレコードのことを本誌では「オーディオ名盤」と呼び、本特集ではオーディオ評論家を中心とする計8名が、自らにとっての「オーディオ名盤」を、音楽ジャンル、録音メディア、フォーマット等を問わずお一人10枚挙げて、それぞれの選定理由や魅力ポイントをご紹介しています。併せて、6名の評論家が自らのオーディオ名盤10枚のうちの2枚を持ち寄って、さまざまなタイプの現代スピーカーでそれらを聴き比べた「オーディオ名盤試聴座談会」を、クラシック篇とポップス&ジャズ篇に分けてお届けします。

特集2 新世代デジタルコンポーネント  ライバルモデル徹底比較
特集2はデジタル再生の先端を行く最新ハイエンド機器を一対一で比較試聴する記事です。採り上げるライバル対決は50万円クラスから300~400万円クラスまでの計四組で、内訳はD/Aコンバーター三組、SACD/CDプレーヤー一組。どの対決も同じ価格帯の製品を、音質だけでなく、設計上の特徴を含めて徹底比較しています。この特集をご覧いただければ、多機能化とハイスペック化が急速に進むハイエンドD/Aコンバーター、着実に進化を続けるハイエンドデジタルディスクプレーヤー、それぞれの現在地が分かるでしょう。

「レコード音楽を主役にした特集」とともに、オーディオ機器の研究・設計・生産に携わる人たちへの取材記事が盛りだくさんであることも今号の大きな特徴です。なかでももっともご注目いただきたいのは、前号からスタートした創刊50周年記念企画「Japan Brand 探究」。今回は6ブランド(オーディオテクニカ、DSオーディオ、fidata、日本音響エンジニアリング、テクダス、テクニクス)のものづくりに携わる人たちの生の声を聞き、各ブランドの最新の取組みを詳しくご紹介します。そして日本ブランド関連でもうひとつ、「マランツ音質担当マネージャー」を長きにわたり務められてきた澤田龍一氏へのロングインタビューも、メーカーの音づくりの仕事とは何かを知ることができるオーディオ愛好家必読の記事と言えるでしょう。海外ブランド関連では、現地イタリアでソナス・ファベールのパオロ・テッツォン氏にお話をうかがった「スピーカーシステムのつくり方、あるいは、パオロ・テッツォンのことなど」は、スピーカー設計の最前線に立つひとりの人物の素顔が垣間見える、読み応えのある取材記です。そのほか、いま大注目の最新D/Aコンバーター「コードDAVE」の設計者ロバート・ワッツ氏、今春、新フラグシップ「プラチナム・シリーズⅡ」を発表したモニターオーディオのテクニカル・ディレクター、ディーン・ハートレー氏へのインタビューも掲載しています。

(ステレオサウンド編集部)

CONTENTS


•特集1 必聴のオーディオ名盤
◦序文 柳沢功力/小野寺弘滋
◦Part 1 現代スピーカーで聴くオーディオ名盤の魅力
グループ1 Classic 小野寺弘滋/櫻井 卓/柳沢功力
グループ2 Popular&Jazz 傅 信幸/三浦孝仁/和田博巳
◦Part 2 私のオーディオ名盤「10選」
菅原正二/櫻井 卓/小野寺弘滋/傅 信幸
三浦孝仁/宮下 博/柳沢功力/和田博巳
◦Extra Edition 嶋護


•特集2 新世代デジタルコンポーネント ライバルモデル徹底比較
◦傅 信幸/三浦孝仁/山本浩司/和田博巳

•NEW BIG SOUND モニターオーディオ=PL500Ⅱ、PL300Ⅱ 和田博巳
•スピーカーシステムのつくり方、あるいは、パオロ・テッツォンのことなど 小野寺弘滋
•「極限」を究める 小菅 優 ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ全集」が完成 宮下 博
•創刊50周年記念企画Japan Brand探求
オーディオテクニカ ─── 黛 健司
DSオーディオ ─── 黛 健司
fidata ─── 和田博巳
日本音響エンジニアリング ─── 黛 健司
テクダス ─── 小野寺弘滋
テクニクス ─── 藤原陽祐
•ロングインタビュー ディーアンドエムホールディングス 澤田龍一氏
サウンドマネージャーの仕事、そしてプロに聞く音づくりの秘訣   聞き手 傅 信幸
•SS Interview 聞き手 三浦孝仁
コード=ロバート・ワッツ氏、ジョン・フランクス氏
モニターオーディオ=ディーン・ハートレー氏、アレックス・エムソン氏
•オーディオ用NAS「fidata」自宅試用リポート 三浦孝仁
•BRAND NEW PRODUCTS 山本浩司 リン=Majik EXAKTBOX-I、EXAKTBOX SUB
•連載 アナログの宇宙 海老澤 徹
•連載 レコード音楽随想 〜音盤の向こう側〜 嶋護
•連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳
•連載 聴く鏡 菅原正二
•ステレオサウンド50周年企画オーディオ名盤コレクション「コンテンポラリー」SACDボックス詳報 嶋護
•ミュンヘン High End 2016 速報 三浦孝仁
•夏の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
ティダル=Piano G2 ─── 小野寺弘滋
マジコ=S1 Mk2 ─── 小野寺弘滋
MSBテクノロジー=Select DAC ─── 三浦孝仁
T+A=DAC8 DSD ─── 傅 信幸
オーディオ・ノート=G1000 ─── 和田博巳
コンステレーション・オーディオ=Virgo Ⅲ ─── 柳沢功力
ビスポーク オーディオ=Passive Preamplifier ─── 柳沢功力
エソテリック=F05 ─── 小野寺弘滋
テクニクス=SL1200GAE ─── 三浦孝仁
•SS HOT NEWS  ヤマハ=NS5000 アキュフェーズ=C2850
•New Components Review 2016 SUMMER 話題の新製品を聴く
小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司
三浦孝仁/柳沢功力/山本浩司/和田博巳
•SOUND SCOPE 三浦孝仁
•アライラボ「MT1」導入記 和田博巳
•速報 タオック=AFC-L1 ─── 三浦孝仁
速報 アコースティカル・システムズ=Aiwon ─── 小野寺弘滋
•試聴ディスク一覧
•大阪サウンドコレクション、まもなく開催!
•バッファローのオーディオ事業部門が独立法人化
•JUST NEW COMPONENTS
•SS Sound Accessory Information
•SSインフォメーション
•連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳
•連載 The Best Sounding CD 嶋護の一枚
•連載 名盤深聴 高橋健太郎
•連載 名曲が染みる 小林慎一郎
•連載 現代の名演奏家たち 舩木篤也
•エソテリック名盤復刻シリーズ 今夏はアバドのマーラーと女性ジャズ・ヴォーカルBOX 宮下 博
•タワーレコード×ソニー セルのベートーヴェン全集をSACD化 宮下 博
•大瀧詠一初期ベスト集がハイレゾ&CDで復刻 山本浩司
•太田裕美 70年代のオリジナルアルバム2作品をSACD化 嶋護
•ラトル指揮ベルリン・フィル・ベートーヴェン交響曲全集 宮下 博
•注目新譜ニュース
•連載 音楽の誘拐 許 光俊
•特別頒布のお知らせ ウエスギ=TAP101


◆当店の広告掲載一覧は
広告掲載誌 ブログ
←こちらからどうぞ!


2016年03月31日
(広告掲載誌)
『JARL NEWS 2016 春号』 平成28年4月1日発行

特集『アマチュア無線界の次の節目の設立100周年に向かって
    JARLの創立、戦後再結成の時代を知る』


※JARL NEWSは、JARL会員向けに年4回(春・夏・秋・冬)発行される機関誌です。


◆当店の広告掲載一覧は
広告掲載誌 ブログ
←こちらからどうぞ!

2016年03月19日
~~大阪・日本橋店へお越し下さい。

「第12回 日本橋ストリートフェスタ2016」はご存じでしょうか?

当店『無線とパソコンのモリ』の実店舗のすぐ近く、大阪・日本橋で開催されるイベントです。
年に一度、大きな堺筋(日本橋筋商店街)が歩行者天国となり、各所でパレードやイベントなどが行われます。

    ↓日時はコチラ↓
日時:2016年3月20日(日・祝)12:00〜15:00
場所:大阪・日本橋でんでんタウン
   (堺筋が歩行者天国となります)

<現在、便利なマップ付きの公式ガイドブックを無料配布中です!>


画像の公式ガイドブックも当店店頭にて無料配布中です! 
マップ付き!
グルメマップもありますよ!


当店もストリートフェスタを応援しています!
広告も掲載中!ぜひご覧下さい。
    ↓




普段は車が絶え間ない堺筋が歩行者天国となり大勢の人々で埋めつくされます!
パレードやステージイベント、コスプレ祭りなど様々なイベントが盛り沢山です。

当店『無線とパソコンのモリ』大阪・日本橋店もすぐ近くです!
大阪・日本橋店へは『店舗地図はコチラ』をご覧下さい。
毎年、個性的なコスプレイヤーの方達も店舗前をよく歩いていて、お祭り雰囲気です。

ストリートフェスタに来られる方も是非、当店までお越し下さい。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。
2016年03月07日
2016年3月6日(日)開催の
『第15回 西日本ハムフェアー』へ出展いたしました!

今年は比較的暖かい気候と、曇ながらも雨は少ない1日でした!
今年も沢山のお客様がご来場下さり、大変賑やかな1日でした。
お世話になりましたスタッフの皆様、
ご来場下さいました皆様、お買い上げ下さいました皆様へお礼申し上げます。



次回出展予定・・・関西アマチュア無線フェスティバル
次回は、7月開催予定の「関西アマチュア無線フェスティバル」です。
次回のイベントもスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。


2016年03月02日
(当店広告掲載誌)
『Stereo Sound 2016年 春号 No.198』ステレオサウンド \2,160 2016年3月2日発売です。
季刊ステレオサウンド 2016年春号(No.198)は2016年3月2日より発売です!


<以下、ステレオサウンドより抜粋>

未来的デザインのスピーカーシステム、バング&オルフセンBeoLab 90が表紙を飾るステレオサウンド198号では、2016年春、いまもっとも旬のオーディオに大きなスポットライトを当てています。まずは、巻頭企画で試聴したB&W 802D3。現代スピーカーの新たな基準になるとも言われている、いま大注目のスピーカーです。そして、特集で採り上げている現代スピーカーの主流派4タイプ。さらには、日本のオーディオブランドのいまとこれからを取材した「Japan Brand 探究」。加えて、斬新な音響補正技術が投入されたバング&オルフセンの新フラグシップモデルBeoLab 90など、いまだから作ることができた新製品の数々……。ステレオサウンド198号はこれからのオーディオの愉しみが詰まった一冊です。

巻頭企画
9種のアンプで探る
B&W 802D3の実力
巻頭企画では、ステレオサウンドグランプリ2015のゴールデンサウンド賞を受賞し、オーディオ愛好家からいまもっとも大きな注目を集めている英国バウワーズ&ウィルキンスの最新鋭スピーカーシステム802D3を徹底的に試聴しています。集めたアンプは、増幅方式は半導体式クラスA、クラスAB、クラスD、真空管式、出力は数ワットから数百ワットまでと、じつにさまざま。多種多様なアンプで鳴らすことで、B&W 802D3の「鳴り方の特徴」「実力」、そして「可能性」が見えてきました。ひとつのスピーカーをこれほどまでに聴きつくした企画は極めて異例です。現代ハイエンドスピーカーの最先端を知ることができる、合計24ページに及ぶ大型試聴企画。どうぞお楽しみに。


特集
タイプ別徹底比較!
ベストバイスピーカー 19モデルの魅力
特集では現代スピーカーのなかで主流派となっている4つのタイプにスポットを当て、同じタイプのほぼ同じ価格帯のスピーカーを比較試聴しています。採り上げているのは本誌197号「ベストバイ・コンポーネント」でランクインした153モデルのスピーカーシステムのなかから厳選した、40万円から300万円までの計19モデル。共通の特徴を備えた同クラスのスピーカーだけを比較試聴することで、タイプ別の特徴、そして個々のモデルの個性が浮き彫りになりました。ぜひスピーカー選びのご参考にしてください。あなたにもっともふさわしいスピーカーを見つけるためのヒントが、きっとあるはずです。
そのほかの記事で注目していただきたいのは、今回から1年間、4回連続でお届けする創刊50周年記念企画「Japan Brand 探究」。ニッポンのオーディオブランドの開発現場や生産現場を訪ねて、そのブランドがいま何を目指し、何を成し遂げようとしているのかを詳しくご紹介します。今回取材したのはフェーズメーションとテクニカルブレーン。次号以降もいま旬のジャパンブランドが続々登場します。そしてもうひとつ、昨年、新たにスピーカーを導入した作詞家・松本 隆さんの“その後”について、旧知のお二人、和田博巳さんと山本浩司さんがご自宅を訪問してお話をうかがった座談会も大注目。また、新製品関連では、バング&オルフセンのBeoLab 90を筆頭に、出来立てホヤホヤを聴いたエソテリックのセパレート型SACD/CDプレーヤーP02X+D02X、ソナス・ファベールの大型スピーカーIl Cremonese(イル・クレモネーゼ)など、この春大注目のモデルが目白押しです。

(ステレオサウンド編集部)



CONTENTS


•巻頭企画
9種のアンプで探るB&W802D3の実力
小野寺弘滋/柳沢功力/和田博巳

•特集 タイプ別徹底比較! ベストバイスピーカー19モデルの魅力
Group A Standard Slim ミドルクラス・トールボーイ型スピーカー
Group B Premium Compact 高品位コンパクトスピーカー
Group C Natural Wood 天然木エンクロージュアの響きを活かしたスピーカー
Group D Cutting Edge 現代最先端のハイエンドスピーカー
傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

•NEW BIG SOUND
バング&オルフセン=BeoLab 90 三浦孝仁
ソナス・ファベール=IL Cremonese 小野寺弘滋
エソテリック=P02X+D02X 傅 信幸
ファンダメンタル=MA10 和田博巳
•速報 テクニクスSL1200GAE、SL1200G 三浦孝仁
•愛読者からのお手紙
ひたすらタンノイを愛し続けて40年、クラシック音楽の究極の音を目指す
山田豊文 氏
•松本隆 スピーカーを選ぶ! その後
はちみつぱいのベーシストと一緒にはっぴいえんどのドラマーの家を訪ねる
山本浩司/和田博巳
• 創刊50周年記念企画Japan Brand探求 ◦フェーズメーション 和田博巳
◦テクニカルブレーン 小野寺弘滋

•愛機が甦る! 技術者集団『リザイエ』を訪ねた 黛 健司
•ラスヴェガスCES2016リポート 三浦孝仁
•SS INTERVIEW聞き手 和田博巳/黛 健司
フォーカル=カールステン・ロス氏、クェンティン・モリュー氏
リン=アンガス・ローリー氏
•ステレオサウンド50周年記念企画オーディオ名盤コレクション
「コンテンポラリー・レコーズ」SACDボックス詳報  嶋護
•連載 レコード音楽随想 ~音盤の向こう側~ 嶋護
•282 連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳
•連載 聴く鏡 菅原正二
•連載 アナログの宇宙 海老澤 徹

•春の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
●ビビッド・オーディオ=B1 Decade 傅 信幸
●ボーニック・オーディオ=W8 和田博巳
●フォステクス=G1001MG 黛 健司
●コード=Dave 三浦孝仁
●マッキントッシュ=C52/C47 小野寺弘滋
●CHプレシジョン=P1 柳沢功力
●SAT=SAT Pickup Arm 柳沢功力
•New Components Review 2016 SPRING
話題の新製品を聴く
小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/山本浩司/和田博巳
•SOUND SCOPE
•試聴ディスク一覧
•JUST NEW COMPONENTS
•SS Sound Accessory Information
•SSインフォメーション
•ステレオサウンドグランプリ2015 授賞式開催

•連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生/柳沢功力
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳
•連載 The Best Sounding CD 嶋護の一枚
•連載 名盤深聴 高橋健太郎
•連載 名曲が染みる 小林慎一郎
•連載 現代の名演奏家たち 舩木篤也
•タワーレコードの自主企画SACD、続々発売 宮下 博
•エソテリック名盤復刻シリーズ アルゲリッチとシェリングの傑作2種 宮下 博
•仲道郁代、2台のピアノを弾き分けたショパンのワルツ集がSACDで登場 宮下 博
•『ブルーノート・カフェ/ニール・ヤング』LPボックス 嶋護
•連載 音楽の誘拐 許 光俊
•ハリー・ベラフォンテSACD制作リポート 三浦孝仁


◆当店の広告掲載一覧は
広告掲載誌 ブログ
←こちらからどうぞ!



2016年02月19日
(当店広告掲載誌)
『HAM World Vol.2』電波社  \980  2016年2月19日発売です。
店頭・オンラインショップでも販売中!
販売ページはこちらから!!

<以下、電波社より抜粋>

■特集
短波でワールドワイドにDX交信
HFで世界を狙う醍醐味


● 電波が遠くへ飛ぶHF 

● HF国内通信の楽しみ方

● HFで海外との交信を楽しむ

● 通信の原点・モールス通信を楽しむ

● 実践HFアンテナの基礎知識

● HF無線機の進化は受信性能向上の歴史

● 船で行く「アドリア海」無線の旅



■待望の新製品速報

HF+50MHz帯トランシーバー

アイコムIC-7300登場



■注目製品使用レポート

アルインコ 144/430MHz帯モービル機DR−735

AOR デジタルモード搭載の受信機AR-DV1

コメット アンテナアナライザーCAA-500MarkⅡ

アサップシステム モールストレーナーAS-MT1

第一電波工業 HF6バンド用GPアンテナCP6S

第一電波工業 マグネットアースシートMAT50



■デジタル通信のノウハウ

アイコムIC-5100で運用する 初めてのD-STAR

WIRES-X初級者が基地局開設にチャレンジ



■アクティブオペレーター登場!

自分で建てたタワーで世界と交信

ノイズの中から聴こえるDX局の音声に感激



■宇宙通信にチャレンジしよう!

月面反射通信の話題と醍醐味

アマチュア衛星 通信にチャレンジ



■バイクで“無線”が熱い!

無線機セッティングの極意 83

バイク無線取り付け専門ショップのこだわり技をCHECK!



■自分でやってみよう!取り付けと工作

コードを見せないモービル機セッティング

ホームセンターのDIYコーナーを活用しよう



■狙え!上級資格

1アマ絶対合格白熱講義



■私のハムの楽しみ方

僕とアマチュア無線の出会い

北の大地からモールスで交信を楽しむ



■アマチュア無線に入門しよう

第4級アマチュア無線技士免許を取得しよう

4アマ国家試験・受験体験記



■単発記事

第1級陸上特殊無線技士受験記

誰でもできる「非常通信」と訓練

達人の修理テクニック

APRSの基礎知識

ベランダのGPアンテナに雷落ちました

モニタープレゼント



◆当店の広告掲載一覧は
広告掲載誌 ブログ
←こちらからどうぞ!


2016年02月07日
2016年2月7日(日)開催の
「2016年ハムの集い・支部大会」へ出展いたしました!

今年も沢山のお客様がご来場下さり、大変賑やかな1日でした。
お世話になりました係りの皆様、
ご来場下さいました皆様、お買い上げ下さいました皆様へお礼申し上げます。



次回出展予定・・・九州最大級!「第15回西日本ハムフェア」
次回は、3月6日(日)開催予定の「第15回西日本ハムフェア」です。
次回のイベントもスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。


2016年02月04日
~~大阪・日本橋店へお越し下さい。

「第12回 日本橋ストリートフェスタ2016」はご存じでしょうか?

当店『無線とパソコンのモリ』の実店舗のすぐ近く、大阪・日本橋で開催されるイベントです。
年に一度、大きな堺筋(日本橋筋商店街)が歩行者天国となり、各所でパレードやイベントなどが行われます。

    ↓日時はコチラ↓
日時:2016年3月20日(日・祝)12:00〜15:00
場所:大阪・日本橋でんでんタウン
   (堺筋が歩行者天国となります)

<現在、便利なマップ付きの公式ガイドブックを無料配布中です!>


画像の公式ガイドブックも当店店頭にて無料配布中です! 
マップ付き!
グルメマップもありますよ!


当店もストリートフェスタを応援しています!
広告も掲載中!ぜひご覧下さい。
    ↓




普段は車が絶え間ない堺筋が歩行者天国となり大勢の人々で埋めつくされます!
パレードやステージイベント、コスプレ祭りなど様々なイベントが盛り沢山です。

当店『無線とパソコンのモリ』大阪・日本橋店もすぐ近くです!
大阪・日本橋店へは『店舗地図はコチラ』をご覧下さい。
毎年、個性的なコスプレイヤーの方達も店舗前をよく歩いていて、お祭り雰囲気です。

ストリートフェスタに来られる方も是非、当店までお越し下さい。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。
2016年01月31日
2016年1月31日(日)開催の
「2016年関西ハムシンポジウム」へ出展いたしました!

今年も沢山のお客様がご来場下さり、大変賑やかな1日でした。
お世話になりました係りの皆様、
ご来場下さいました皆様、お買い上げ下さいました皆様へお礼申し上げます。



次回出展予定・・・和歌山県支部大会!「支部大会・ハムの集い(和歌山県支部)」
次回は、2月7日(日)開催予定の「支部大会・ハムの集い(和歌山県支部)」です。
次回のイベントもスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。


2016年01月27日
(当店広告掲載誌)
「JARL会員局名録 2016-2017」へ広告掲載中です!

※この会員局名録は、当店での販売はありません。
 JARLにてご購入方法をお確かめ下さい。

アマチュア無線を支える日本全国のJARL会員局を一冊に収録した2016-2017年版会員局名録です。
新版は約6万5千局を超えるJARL会員局(2015年11月7日現在)の掲載に加えて、JARL登録クラブ
リスト、レピータ局一覧、国際呼出符字列分配表、ITU・CQゾーン白地図などの資料をまとめて掲載して
います。また、資料集も充実させ、最新のデータや情報を満載しています。
(JARLより抜粋)
2016年01月04日
2016年 本年もよろしくお願いいたします。
1月4日、本日より通常営業開始です、よろしくお願いいたします。

新しい年も沢山のご注文で明け、新入荷の掲載も順調にアップ出来るようになりました。
今年もより良い商品をお客様にお届けできますよう、点検、整備を強化して頑張って参ります、よろしくお願いいたします。
2015年12月28日
(広告掲載誌)
『JARL NEWS 2016 冬号』 平成28年1月1日発行

特集『新たなアマチュア無線の楽しみ方
    5.6GHz帯ドローンFPV ATVの現状とその技術』


※JARL NEWSは、JARL会員向けに年4回(春・夏・秋・冬)発行される機関誌です。
2015年12月26日
(当店広告掲載誌)
『でんでんタウン ショッピングマップ Ver.23』無料配布中です

電気のまち、大阪・日本橋でんでんタウンのマップがきめ細かに書かれています!
でんでんタウンの日本橋総合案内所にて無料配布されています。
もちろん、当店でも無料配布しています!!
大変便利なマップです、ぜひお手元でチェックして下さい。

当店は地図No,D-3 にて掲載されています。
「ものづくりロード」に位置しています♪
お越しの際は参考にして下さい!



「ものづくりロード」って何!?
 日本橋の商店街の中で、電気の日本橋らしい、パーツや用具がそろうお店がたくさん集まっている所があります。
それを今号から「ものづくりロード」と名づけてマップ上に示しました。
 ちょっとした修理なら自分で行う人、電気を使った作品を自作したい人などは、ぜひ、ゆっくり「ものづくりロード」を歩いてみてください。
ものづくりに関するヒントや発見があることでしょう。日本橋は今も昔も「ものづくり」の街です。
「ものづくりロード」は、そのことを再認識していただくためのロードです。
日本橋ならではの、電気に関するこまやかなアドバイスやフォローをしてくれるお店や品ぞろえに、きっと満足されることでしょう。
(ショッピングマップ内、でんでんコラム①より)
2015年06月08日
「CQ出版株式会社 代表取締役 蒲生良治 に勝訴いたしました」

CQ ham radio/2014年5月号
西日本ハムフェア会場写真にて、
当店、店名塗りつぶし掲載に対し、正しい写真掲載と謝罪文掲載を求め、

CQ出版株式会社
代表取締役 蒲生良治 を、
        大阪地裁に提訴した裁判で、

2015年6月8日
当店、「無線とパソコンのモリ」の勝訴が決定いたしました。

CQ出版が長年主張していた、
「自社の書籍をどうしようと自分の勝手」が、
裁判では、
CQ ham radioは「日本アマチュア無線連盟 監修」の書籍であるので、
身勝手は許されない旨、言い渡されました。

★詳細は
『CQ出版株式会社(代表取締役 蒲生良治) 提訴』
←当店ブログに掲載しました
2015年06月07日
ヤエス 「FTM-100DH 50Wバージョン
C4FM /FM 144/430MHzデュアルバンド トランシーバー FTM100DH」が入荷、大好評です!

現在、店頭在庫ありますので、即納可能です。


ご不用な無線機がある方は断然「下取り」がオススメ!
ご不用な無線機を下取りで、FTM-100D/DHを安くゲットするチャンス☆

FTM-100D/DHには興味があるけれど、ちょっと予算が足りない・・・という方にも!
ご不用な無線機類を当店へお売り下さい!
(買取時の送料や振込手数料など全て当店負担なので、お客様のご負担は一切不要です)
→通常の買取に更に下取りとして買取金額アップ!
  新品商品も中古商品もお安く購入可能です。


当店にて「購入したい商品」と「売りたい商品、機種名」をお知らせ下さい!
当店では、下取りも大好評! お安くゲットして賢くお買いもの☆


まずは、当店「無線とパソコンのモリ」へ!
TEL 大阪:06-4397-9733   東京:03-3754-2755
FAX:06-4394-8408
買取・下取りの流れ、詳細はコチラ!!



こちらも下取りでさらに安い!! ★新製品
↓ ↓  ヤエス FT2Dの下取り特典はこちら  ↓ ↓
【新品 即納/下取りで最大1万円引き!】YAESU FT2D FT-2D C4FM /FM 144/430MHzデュアルバンド トランシーバー ヤエス




当店では、現在こちらの商品は「在庫有り!即納可能」です。
大阪・日本橋店での店頭でも好評発売中です!


2015年06月03日
ヤエス FT2D C4FM /FM 144/430MHzデュアルバンド トランシーバー が入荷、大好評です!

現在、店頭在庫ありますので、即納可能です。


ご不用な無線機がある方は断然「下取り」がオススメ!
ご不用な無線機を下取りで、FT2Dを安くゲットするチャンス☆

FT2Dには興味があるけれど、ちょっと予算が足りない・・・という方にも!
ご不用な無線機類を当店へお売り下さい!
(買取時の送料や振込手数料など全て当店負担なので、お客様のご負担は一切不要です)
→通常の買取に更に下取りとして買取金額アップ!
  新品商品も中古商品もお安く購入可能です。


当店にて「購入したい商品」と「売りたい商品、機種名」をお知らせ下さい!
当店では、下取りも大好評! お安くゲットして賢くお買いもの☆


まずは、当店「無線とパソコンのモリ」へ!
TEL 大阪:06-4397-9733   東京:03-3754-2755
FAX:06-4394-8408
買取・下取りの流れ、詳細はコチラ!!



こちらも下取りでさらに安い!!
↓ ↓  ヤエス FTM-100Dシリーズのご予約特典はこちら  ↓ ↓
【予約受付開始/下取りで最大1万円引き!】 FTM-100D 20Wバージョン C4FM /FM
144/430MHzデュアルバンド トランシーバー ヤエス YAESU FTM100D




2015年06月02日
(当店広告掲載誌)
『Stereo Sound 2015年夏号 No.195』ステレオサウンド \2,160 2015年6月2日発売です。
季刊ステレオサウンド 2015年夏号(No.195)は2015年6月2日より発売です!

<以下、ステレオサウンドより抜粋>

アキュフェーズから今春登場したモノーラルパワーアンプM6200が表紙を飾るステレオサウンドNo.195は、「オーディオ評論家宅訪問」「ハイエンドアンプ試聴」という2大特集をメインに、作詞家・松本 隆さんの「スピーカー選び」、日本の小規模メーカーのオーディオ機器を愛用する読者宅への訪問記事など、多様な企画が盛りだくさんの一冊です。そのおもな記事をご紹介していきましょう。


特集1
オーディオ評論家の音
~評論家による評論家宅訪問~

この特集は、本誌筆者が他の本誌筆者宅を訪問し、その筆者宅のオーディオシステムの音をリポートする企画です。参加メンバーはステレオサウンドグランプリ選考委員で、取材時期に体調不良となり不参加となった傅 信幸さんを除く計4名。この4名が2名一組となって相互訪問するのではなく、4名がループを描くように順繰りに筆者宅を訪問しています。これまでにも本誌筆者宅を訪問取材する企画はさまざまありましたが、このような形式で筆者宅のオーディオシステムの音をリポートするのは今回が初めてで、それに加え、4名とも訪問先の筆者宅のオーディオシステムを聴くのはプライベートを含めて今回が初めてという初めてづくしの企画です(旧宅のシステムは除く)。「オーディオ評論家の音」が他の評論家のフィルターを通してどのようにリポートされるのか、どうぞお楽しみに。


特集2
現代ハイエンドアンプが聴かせる音楽再生の極致

特集2では、現代最先端のハイエンドアンプの音がどのような個性とクォリティを備えているのか、そしてその音楽再生力がどのレベルに到達しているのかを二通りの比較試聴によって明らかにしています。「パート1」ではここ数年間に登場した現代最高峰とも言えるハイエンドセパレートアンプのなかから内外8ブランドの主力モデル計8組をセットで試聴。「パート2」では250万円から500万円程度までのプリアンプとパワーアンプを8モデルずつ単品試聴しています。このクラスのアンプをまとめて比較試聴するのは本誌でも極めて稀(まれ)。比較試聴ができる機会があまりないハイエンドアンプの音を、ぜひ誌上体験してください。


松本 隆、スピーカーを選ぶ!
元「はっぴいえんど」で作詞家の松本 隆さんは、ウィルソンオーディオのシステム5を中心とするオーディオ装置をご自宅で愛用されている熱心なオーディオ愛好家としても知られ、かつて本誌にもご登場していただいたことがあります。「松本 隆、スピーカーを選ぶ!」では、現在愛用の装置とは方向性の異なるシステムの導入を検討中の松本さんを本誌試聴室にお招きして、山本浩司さんをホスト役に、4機種のスピーカーシステムを試聴していただきました、はたして松本さんのお眼鏡にかなうスピーカーはあったのでしょうか。


このほかの注目記事は、連載企画「オーディオをあつらえよう」にご登場いただいていた水村 啓さんと三浦信一さん、そして同連載のホスト役を務めていただいた櫻井 卓さんをゲストにお招きして行なった試聴会の模様をお伝えする「続ニアフィールドリスニングの快楽 番外編」。使いつづけているからこそ分かるオーディオ機器の魅力をそのユーザー自身に語っていただく読者訪問企画「使い手の想い、作り手の心」。新製品関連では、英国リンのDSシリーズ第3世代機、表紙を飾ったアキュフェーズM6200など、春から夏にかけて登場する注目モデルを網羅しています。



CONTENTS


○特集1 オーディオ評論家の音
~評論家による評論家宅訪問~

小野寺弘滋/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

○特集2 現代ハイエンドアンプが聴かせる音楽再生の極致
Introduction 「現代ハイエンドアンプの音楽再生力」 小野寺弘滋

Part 1 最新ハイエンド セパレートアンプの実力 小野寺弘滋/柳沢功力
Part 2 注目ハイエンドアンプ 比較テスト プリアンプ篇/パワーアンプ篇 櫻井 卓/三浦孝仁

○ミュンヘン HIGH END 2015 速報 三浦孝仁

○使い手の想い、作り手の心 ユーザーだから分かる、あのブランドの魅力 山本浩司
ソウルノート・ファンダメンタル 大坂純さん
G.T.サウンド 高橋藤次郎さん

○TOP INTERVIEW 和田博巳
株式会社テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ 平野至洋 氏
『迅速な意思決定で、世界最高の音を作る』

○続ニアフィールドリスニングの快楽
特別編 『いま伝えたい、オーディオに大切なこと』 和田博巳
ゲスト:櫻井 卓 氏/三浦信一氏/水村 啓氏

○連載「レコード音楽随想」~音盤の向こう側 嶋護

○連載 聴く鏡 菅原正二

○連載 アナログの宇宙 海老澤 徹

○松本 隆、スピーカーを選ぶ! 山本浩司

○Pick UP! New Audio Components
・リン=Klimax DS/2、Akurate DS/K/2 和田博巳
・ジャンセン=zA2.1J 小野寺弘滋

○夏の新着モデル徹底試聴
Exciting Components

・マグネパン=MG0.7 櫻井 卓
・T+A=PDP3000HV 三浦孝仁
・コード=Hugo TT 山本浩司
・トリノフ・オーディオ=Amethyst 三浦孝仁
・エソテリック=Grandioso S1 柳沢功力
・アキュフェーズ=M6200 柳沢功力

○SS HOT NEWS アキュフェーズ=C3850

○New Components Review 2015 SUMMER
話題の新製品を聴く

小野寺弘滋/櫻井 卓/高津 修/三浦孝仁/宮下 博/山本浩司/和田博巳

○SOUND SCOPE

○試聴ディスク一覧

○JUST NEW COMPONENTS

○SS Sound Accessory Information

○SSインフォメーション

○SS INTERVIEW 聞き手 三浦孝仁/編集部
エラック=ギュンター・クルテン氏
ヘーゲル=アンダース・アーツェイド氏

○SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
オーディオファイルのための音楽ガイド&エッセイ
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生/柳沢功力
ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

○連載 The Best Sounding CD 嶋護の一枚

○連載 名盤深聴 高橋健太郎

○連載 名曲が染みる 小林慎一郎

○連載 現代の名演奏家たち 舩木篤也

○エソテリック 旧フィリップスの名演に加えて待望のブルーノートをSACD化 宮下 博

○ワーナーミュージック「レジェンダリー・シリーズ」スタート 宮下 博

○タワーレコード「ディフィニション・シリーズ」始動 宮下 博

○キース・ジャレットの名盤がハイレゾ音源で国内初登場 三浦孝仁

○連載 音楽の誘拐 許 光俊

○松田聖子SACD化プロジェクト、第2チクルス始まる 嶋護



2015年03月09日
2015年3月8日(日)開催の
『第14回 西日本ハムフェアー』へ出展いたしました!

今年も寒いながらも、昼頃には暖かくなったり、お天気にも恵まれた1日でした!
今年も沢山のお客様がご来場下さり、大変賑やかな1日でした。
お世話になりました係りの皆様、
ご来場下さいました皆様、お買い上げ下さいました皆様へお礼申し上げます。



次回出展予定・・・関西アマチュア無線フェスティバル
次回は、7月開催予定の「関西アマチュア無線フェスティバル」です。
次回のイベントもスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。


2015年02月22日
ヤエス FT-991シリーズ、FT-991M 50W機が入荷しました!
現在、店頭在庫ありますので、即納可能です。


他のFT-991、FT-991Sは次回入荷待ちです。
ご不用な無線機がある方は断然「下取り」がオススメ!
ご不用な無線機を下取りで、FT-991シリーズを安くゲットするチャンス☆

FT-991には興味があるけれど、ちょっと予算が足りない・・・という方にも!
ご不用な無線機類を当店へお売り下さい!
(買取時の送料や振込手数料など全て当店負担なので、お客様のご負担は一切不要です)
→通常の買取に更に下取りとして買取金額アップ!
  新品商品も中古商品もお安く購入可能です。


当店にて「購入したい商品」と「売りたい商品、機種名」をお知らせ下さい!
当店では、下取りも大好評! お安くゲットして賢くお買いもの☆


まずは、当店「無線とパソコンのモリ」へ!
TEL 大阪:06-4397-9733   東京:03-3754-2755
FAX:06-4394-8408
買取・下取りの流れ、詳細はコチラ!!


↓ ↓  ヤエス FT-991シリーズのご予約特典はこちら  ↓ ↓




«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス